RECRUITING CENTER

 

FAQ

新卒採用FAQ

会社全体・事業内容について

事業概要について教えて下さい。
三井物産は、鉄鋼製品、金属資源、プロジェクト、機械・輸送システム、化学品、エネルギー、食料、流通事業、ヘルスケア・サービス事業、ICT事業、 コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開しています。
三井物産の事業
三井物産が重要視している事業分野は何ですか。また、今後力を入れていく事業分野は何ですか。
三井物産は2017年5月に、2020年に向けた中期経営計画を発表しました。 同計画における中核分野は①金属資源・エネルギー、②機械・インフラ、③化学品の3つです。 これらは三井物産の主力分野であり、中期経営計画期間中にこれら3分野が生み出す基礎営業キャッシュ・フローは全社の9割にも及びます。 これに加えて、今後の中期的な外部環境の変化も見据えつつ、三井物産が強みを発揮できる成長分野を①モビリティ、②ヘルスケア、③ニュートリション・アグリカルチャー、④リテール・サービスの4つとしました。今後、経営資源をダイナミックに配分していきます。
中期経営計画
社風について教えて下さい。
「挑戦と創造」「自由闊達」「人材主義」を感じられるのが、三井物産の社風です。是非、会社説明会やOBOG訪問等を通じて、三井物産の社風を実際に感じてください。会社説明会等のイベント情報は、マイページにて公開しております。新規登録またはログインをしてご確認ください。
勤務時間、休暇制度について教えて下さい。
勤務時間は9:15~17:30が基本です。なお、個人単位の時差出勤制度が導入されており、7:45~19:00の間の7時間15分を選択のうえ申請することができます。この選択のプロセスを通じて、時間の有限性を今一度意識し、効率性・生産性向上に向けた必要な工夫をすることで、これまで以上に集中して目の前の業務に邁進するきっかけとなることを狙いとしています。
勤続年数に応じて年14日以上の有給休暇日数が定められております。また、時間単位の年次有給休暇制度が導入されており、各自に付与されている年次有給休暇のうち年間5日分を1時間単位から自由に取得できます。

ダイバーシティについて

ダイバーシティ経営について教えて下さい。
三井物産には、性別や国籍、価値観など、多様なバックグラウンドを持つ多様な人材が働いています。一人ひとりがお互いを認め合い、刺激を受け合いながら、ビジネスに新たな価値をもたらし、イノベーションを創出することで三井物産の企業競争力を高め、新しい価値創造を実現する企業へと変革していくこと、それが三井物産のダイバーシティ経営の取り組みです。
ダイバーシティ経営の推進
育児や介護を支えるための福利厚生にはどのようなものがありますか。
三井物産では、社員一人ひとりが生活(ライフ)上の責任を確り果たしつつ、仕事(ワーク)で最大限の力を発揮して活躍するという「ワークライフ・マネジメント」の考え方を応援しています。その一環として、育児・介護と仕事との両立のために、休業制度のほか、短時間勤務、育児休業からの早期復職者に対する保育費用や延長保育費用の一部補助制度を導入しています。
多様な人材の活躍推進

キャリア・人材育成について

研修制度について教えて下さい。

三井物産では、初期教育の段階から「グローバル・グループ経営」を担う人材の育成を目指しています。 「人材主義」という理念を長い歴史と伝統の中で培ってきた当社が目指す人材育成の考え方として、「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」 という言葉があります。仕事を創りつつ人を育てていくことが当社最大の使命であり、それが当社の存在意義であると言っても過言ではありません。従い、人材育成の根幹を担うのはOn the Job Training(OJT:職場での実務を通じた育成)であると捉えています。一方、こうしたOJTを通じた人材育成を支援・補完するために、さまざまな研修などのOff the Job Training(OFF-JT:職場以外での育成)も充実させています。

「『グローバル・グループ経営』を担う人材の育成」という目的を達成するため、三井物産では新入社員からリーダー層に至るまで、各資格・役割などを職階別に策定し、節目研修、選択研修、選抜研修などさまざまな人材育成プログラムを実施しています。これらの職階別研修プログラムを深化させると同時に、さまざまな分野の専門知識の向上のための各種ビジネススキル研修・プロフェッショナル研修の充実も図っています。各研修プログラムは、人材育成の考え方や概要と共に社内のイントラネットで紹介しており、社員の研修への自発的な参加を促しています。

また、グローバルに活躍するための海外派遣プログラムも各種用意しています。その中には、海外修業生、ビジネススクール研修員、部門研修員といったいずれかの制度で若手社員を海外へ派遣する「MBK若手海外派遣プログラム」、次世代のグローバル経営を担うリーダーの養成を目指しHarvard Business Schoolと提携しているプログラムHarvard Business School Global Management Academy(GMA)や管理職層を欧米ビジネススクールに短期派遣するExecutive Education(EE)が含まれています。
人材の育成

配属はどのように決まるのですか。
内定後に、部門説明会に出席頂いた上で、第一~第四希望まで配属希望を提出頂きます。その後、個別の配属面談を行いながら最終的な決定を行います。配属面談では、希望を出した部署のことをしっかりと理解できているのかどうか、イメージだけで決めてしまっていないかをしっかり見極めながら、本人の能力や適性まで確り考慮して配属を決めるようにしています。
どのような職種がありますか。

総合職掌のうち、担当職と業務職という2つの資格があります。

担当職は、組織目標に沿った自己完結する課題設定と、その実践実行にあたるに相応しい能力・資質を有し、勤務地を限定しない(国内外への異動がありうる)従業員を指します。

業務職は、組織目標に沿って管理職・担当職の包括的な指示に基づき、課題設定とその実践遂行にあたるに相応しい能力・資質を有し、原則として同一地域に勤務する従業員を指します。

ジョブローテーションはありますか。また、本部を超えた異動含め、異動の希望は叶いますか。

新卒採用入社後6年間 (院卒は入社後4年間)において、各部門で異なる事業領域を経験させることを明記した全社CDP(Career Development Program)があります。

三井物産ではずっと同じ部署で、ずっと同じ業務を続けるケースの方が圧倒的に少ないです。「社内求職制度」を利用して自分自身で望んだ本部を超えた異動をすることもあれば、会社として貴重な人的資源を重要分野にシフトすることもあります。

自分のキャリアや評価に関して上司と話し合うことはできますか。
定期的に上司と自身のキャリアや評価に関して話合い、フィードバックを得る機会があります。
海外勤務の可能性はありますか。
総合職掌(担当職)は海外勤務の可能性があります。担当職約4,727名(2018年7月1日現在)のうち、約1,200名が海外現地法人、関係会社出向、研修員制度等により海外勤務中です。

採用について

性別・国籍等による採用基準の違いはありますか。
性別や国籍等の違いに拘わらず、採用基準は同一です。また、入社後の待遇にも違いはありません。
理系学生と文系学生の採用基準に違いはありますか。
理系学生と文系学生に拘わらず、採用基準は同一です。また、入社後の待遇にも違いはありません。
TOEICや簿記等の資格を持っていると選考の時に有利なのでしょうか。
TOEICや簿記の資格を保有するか否かが選考結果に影響することはありません。しかし、選考後、入社前までにTOEIC730点と簿記3級を取得することを推奨しています。
OB/OG訪問をしたいのですが、紹介して頂けるのでしょうか。

三井物産では人事総務部による社員の紹介はしておりませんが、当社社員とのコンタクト機会として以下3つを設けております。

1.大学キャリアセンターの名簿からのコンタクト
2.ビズリーチ・キャンパスからのコンタクト
3.説明会への参加
詳しくはOB/OG訪問について記載している下記URLをご確認下さい。
http://career.mitsui.com/newgraduate/obog/

尚、OB/OG訪問の実施有無が、選考結果に影響することはありません。

年齢制限はありますか。
新卒採用の応募に際し、年齢制限は設けていません。
海外の大学に留学している学生、および海外の大学を卒業見込の学生を対象にした選考はありますか。

例年、欧州・北米にてそれぞれの地域の正規留学生を対象とした選考を実施しております。詳細は当社マイページにご登録頂いた方にご連絡致しますので、まずはご登録をお願い致します。

※交換留学生の選考は国内でのみの実施となります。

キャリア採用は募集していますか。
キャリア採用を実施しています。募集の詳細に関しては、キャリア採用のマイページに新規登録頂きご確認ください。
会社資料を頂きたいのですが。
会社資料の郵送は受付しておりません。会社説明会の際に配布しておりますので、その際にお持ち帰り頂く様お願いします。

キャリア採用FAQ

応募・選考について

応募から入社までの流れを教えてください。
筆記試験と複数回の面接を経て、採用者を決定させて頂きます。詳細は募集要項等の内容をご参照ください。
応募に際して年齢制限はあるのでしょうか。
年齢制限はありません。
第二新卒でも応募可能ですか。
職歴年数の制限は設けておりませんが、キャリア採用では、ご入社頂いた後に即戦力としてご活躍頂ける方を求めており、応募者の方のこれまでのキャリアの内容も採否判断の基準の一つとなります。
性別・国籍等による採用基準の違いはありますか。
性別・国籍に拘らず、採用基準は同一です。様々なバックグラウンドを持った、多様な人材にご活躍頂くことを目指しております。
過去のキャリア採用者数を教えてください。

男女別採用人数(単体)

(単位:名)
新卒 キャリア 新卒・キャリア合計
男性 女性 小計 男性 女性 小計
2014年度 103 55 158 24 5 29 187
2015年度 94 57 151 35 6 41 192
2016年度 113 78 191 29 1 30 221
2017年度 103 80 183 38 4 42 225
2018年度※1 104 56 160※2 - - - 160

※1 2018年4月1日現在
※2 10月入社男性1名女性1名含む

人事データ

採用予定人数を教えて下さい。
各年度のニーズにより変化致します。ご参考までに、上記過去のキャリア採用人数をご覧ください。
説明会の開催予定はありますか。
プレエントリー完了後に、マイページ掲載のスケジュールをご確認下さい。2019年度採用スケジュールは4月/5月頃にご案内を予定しております。

評価・処遇について

入社後の処遇について教えてください。
当社規程により、個人の能力・適性や、担う職務に求められる役割や機能、業務の成果・実績に応じて処遇が決定されます。
育児や介護を支えるための福利厚生にはどのようなものがありますか?
当社では、社員一人ひとりが生活(ライフ)上の責任を確り果たしつつ、仕事(ワーク)で最大限の力を発揮して活躍するという「ワークライフ・マネジメント」の考え方を応援しています。その一環として、育児・介護と仕事との両立のために、休業制度のほか、短時間勤務、育児休業からの早期復職者に対する保育費用や延長保育費用の一部補助制度を導入しています。
詳細はホームページ「サステナビリティ」の該当ページをご参照ください。
多様な人材の活躍推進
休暇制度について教えて下さい。
勤続年数に応じて有給休暇日数が定められております。また、時間単位の年次有給休暇制度が導入されており、各自に付与されている年次有給休暇のうち年間5日分を1時間単位から自由に取得できます。
新卒入社の社員とキャリア入社の社員との間に待遇や評価、教育制度など差異はありますか。
新卒入社の社員とキャリア入社の社員との間に待遇や評価、教育制度に差異はありません。キャリア採用の入社の場合、学部卒で入社した場合と同等の年次での待遇となります。
転勤・海外駐在・出向について教えてください。
当社のキャリア採用は、総合職掌のうち担当職としての採用となり、勤務地を限定しない(国内外への異動がありうる)従業員となります。必要に応じて国内外への各拠点への転勤や、国内外の事業投資先等への出向の機会があります。

個人情報の取扱について

エントリーシートや履歴書等の個人情報の取扱い、管理方法について教えて下さい。

エントリー時にご入力頂いた情報は、SSL暗号化通信(※)で安全に送信致します。また、ご登録頂いた個人情報につきましては、第三者が不当に触れることがないよう厳重に管理し、当該個人情報を採用活動以外の目的に使用することは一切ありません。なお、選考時にお預かりした個人情報は原則返却いたしませんのでご了承ください。

※ SSL(Secure Sockets Layer)とは、通信データの暗号化と認証を行うことにより、通信の傍受と改ざんを防止する目的の暗号化通信方法です。